美髪

頭皮の乾燥は髪の毛の成長を阻害する

美しい髪の毛を育てるためには、頭皮環境を正常に保つ必要があります。その中で最も気にするべき点は頭皮の乾燥です。ここではどのような条件で頭皮の乾燥が起こってしまうのか紹介していきたいと思います。

 

 

頭皮の乾燥するとバリア機能が失われる

 

皮脂というと「汚れ」というイメージがあるかもしれません。しかし、皮脂は本来頭皮の環境を正常に保つために必要なものです。皮脂は頭皮の保湿を行ったり、バリア機能としての役割があります。そのため頭皮の分泌量が少なかったり、シャンプーなどで過度に皮脂の洗浄を行ってしまうと、皮脂が不足し、頭皮が乾燥する原因になりかねません。

 

髪の毛というのは頭皮にある毛母細胞が分裂を繰り返すことによって成長します。そのため、頭皮環境が悪化するとうまく成長することができなくなります。頭皮の乾燥は見た目にもわかりやすいため、早く気づいて対処することが必要になります。

 

 

頭皮が乾燥する条件はさまざま

 

頭皮が乾燥する条件はたくさんあります。まずは前述した過剰なシャンプーです。シャンプーは頭皮環境を正常にするために必要なことですが、洗浄しすぎると必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮を乾燥させる原因となります。

 

次に紫外線やドライヤーなどをたくさん浴びることです。紫外線は頭皮にとっても最も怖いものです。できるだけ直射日光を浴びないように心がける必要があります。また、ドライヤーに関しては長い時間同じ場所を当て続けないことが必要です。頭皮が濡れた状態が長引くことは良くないのですが、頭皮がは熱に弱いため、正しい方法でドライヤーを行うようにしましょう。

 

もしも頭皮のフケや髪の毛の成長に不安を抱いたら、頭皮環境が正常でない可能性があります。髪の毛はさまざまな要素が折り重なって成長を繰り返していますので、まずは規則正しい生活と頭皮のケアをしっかりと行うことが必要となります。

 

 

ヘッドスパの役割

 

頭皮の状態を良くすることで知られるヘッドスパですが、具合的にどのような効果があるのかは知らない方が多いと思います。ヘッドスパが髪の毛にどのような効果を及ぼすのかについて紹介していきます。

 

 

ヘッドスパって何?

 

ヘッドスパとは、オイルやクリームなどを使用し、頭皮のマッサージを行うことです。髪の毛はもちろんのことですが、頭皮環境にも重点を置いていて、総合的な髪の毛のケアを行うことが可能となります。また、ヘッドスパの多くはリラクゼーションやリフレッシュ効果を与えるものも多く、心と体を休める場としても利用されています。

 

 

ヘッドスパが与える2つの効果

 

ヘッドスパには主に2つの効果があります。まず1つは頭皮の汚れを落とすということです。ヘッドスパは専用のクレンジングなどを使用し、普段落とすことのできない細かい汚れを効率的に洗い流すことができます。皮脂などの汚れが溜まっている人にとっては、髪の毛の成長を促進させる良い手段となります。

 

もう1つは、血行を促進させるということです。ヘッドスパは頭皮のマッサージを主体として行います。これにより毛穴の洗浄だけでなく、血行の促進も期待することが可能となります。髪の毛は血行が良くないと成長が阻害されてしまいます。特に血行の悪さを懸念している人は、ヘッドスパの恩恵を受けやすくなります。

 

 

ヘッドスパってどのくらいの頻度で通えばよいのか?

 

ヘッドスパは一度施術を受ければよいというわけではありません。効果にはある程度の持続性はありますが、定期的に通うことによって、より高い効果を得ることができます。経済的な面も考慮すると、数か月に1回のカット時にヘッドスパを一緒に受けるのが最も良いと思います。

 

髪の毛の生育は心と身体の健康も関係してきますので、ヘッドスパは髪の毛の成長を総合的にケアしてくれる施術となります。頭皮環境を不安に感じている場合は、一度ヘッドスパを受けてみると良いと思います。

 

 

弱酸性のシャンプーが頭皮に良い理由

 

シャンプーの性質の一つに弱酸性というワードがあります。弱酸性がなんとなく肌に良いのはわかるけれど、どのような点で優れているかは知らない方が多いと思います。弱酸性のシャンプーが頭皮に良い理由について紹介していきます。

 

 

人の肌は弱酸性

 

人間の肌は弱酸性の性質があります。これは弱酸性を保つことによって菌などの外部からの攻撃を防ぐ効果があり、皮膚のトラブルを回避することができます。この弱酸性は汗や皮脂によって保たれています。もしも、汗や皮脂が不足したり過剰分泌されたりすると、肌を弱酸性に保つことができず、肌荒れの原因となってしまいます。

 

 

シャンプーの多くはアルカリ性

 

弱酸性が体を正常に保つのによい環境であることは確かなのですが、多くのシャンプーはアルカリ性であることがほとんどです。これは洗浄成分としてはアルカリ性がもっとも適当であるためです。しかし、洗浄成分が強すぎると逆に頭皮を痛める原因にもなりかねません。必ずしも洗浄成分が高いことが良いというわけではなく、自分の肌に応じた性質のシャンプーを選ぶことが必要となります。

 

 

弱酸性は頭皮に優しく荒れにくい

 

弱酸性のシャンプーは頭皮と同じ性質となるため、頭皮に与える影響が少なくなります。一方で弱酸性のシャンプーは洗浄力が小さくなる傾向にあるため、皮脂の分泌量が多い方には使えない場合もあります。

 

しかし、肌の弱い方や頭皮の環境を心配している方は、まず弱酸性のシャンプーを使用しいてみることをおススメします。特にアミノ酸シャンプーは弱酸性で保湿力も高く、頭皮に優しいシャンプーであると言えます。

 

頭皮の洗浄は環境を良くするために必要なことですが、間違った方法をとると逆に環境を悪化させてしまう恐れがあります。シャンプーは毎日するものですから、なおさら頭皮への影響は大きくなります。

 

おすすめはコチラのシャンプーです。まずは弱酸性のシャンプーを選び、肌への影響を考えてみてはいかがでしょうか。